電気代払えない時、いつ電気が止まる?

電卓と電球 急な出費などが重なって生活費がピンチな時に、後回しにしがちな電気代などの公共料金の支払い。
数日の遅れならまだいいですが、電気料金は滞納の日数が長くなると、電気が止められてしまう可能性があります。

では、電気代が払えない場合どういう流れになるのでしょうか。

まず知っておきたいのは、電気料金の支払い期限は2度あることです。
電力会社の検針日(使用した電気量を計測する日)から30日目が1回目の支払い期限になります。
この1回目の支払い期限に間に合わなかった場合、50日目が2度目の支払い期限です。

1回目の支払い期限に遅れた場合は、電気料金+遅延金として1日に数%の金利が上乗せされます。

そして、2度目の支払い期限である「最終期限日」までに電気代が払えないと、電力会社から「送電停止の通知」が郵送で送られてきます。 送電停止の通知は、電力会社によって届くタイミングが違いますが、最終期限日から5日前後で届きます。

この通知が届いた後、5日~1週間程度で電気が止まるのです。

ですので、最悪でも最終期限日である検針日から50日までに電気料金を支払えば、電気が止められることはありません。

電気が止まる前に、カードローンを利用して電気料金を支払う

電気が止められてしまうと部屋の明かりはもちろん、冷暖房や冷蔵庫などの電化製品も使えないため、生活自体に支障がかなり出てしまいますよね。
そうなる前に、電気代を支払ってしまいたいところです。

急ぎでお金を借りたい時に便利なのが、カードローンでのキャッシングです。
スマホでどこでもいつでも申し込み可能で、必要書類は運転免許証や保険証などの本人確認書類のみでOK。
申し込み時間や条件によっては、最短即日に必要な金額が融資してもらえます。

電気代が払えない程度の金額であれば、次のお給料日に返すなど短期間の借り入れで大丈夫な場合があるため、 無利息期間があるカードローンなら、借りた分だけ返すだけで金利の必要もありません。

電気が止められて困ってしまう前に、カードローンを上手く利用してみませんか?

銀行と消費者金融の審査ハードルって?

マルバツ一般的に「審査が厳しい」「審査がゆるい」などという表現で審査の通過ハードルの高さを表現している事が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの審査について比較・検証してみました。

銀行カードローンの場合、消費者金融と比べて金利が低く設定されています。
金利が低い分、高額借入もしやすくなりますし、長期利用もしやすくなります。
その分銀行にとっては貸し倒れの危険性も高くなるため、しっかりと融資金を回収するためにも「確実に返済する人」を厳選します。
また銀行の場合は保証会社の審査も必要となるので、実質2重審査の構造になっています。
そのためより返済能力の高い人に絞られていくことになります。

消費者金融カードローンだと、消費者金融は「総量規制」というルールに縛られています。
「総量規制」とは、利用者の年収3分の1までしか融資ができず、一定額を超えての貸付額をコントロールすることができないのです。
また消費者金融は利用者の利息が収益となります。
よって、貸付額は低くとも銀行よりも高い金利設定で多くの人に利用してもらうことが必要となってきます。

しかし、一定期間無利息のサービスを設けているところも多く、早めに返済する場合は低金利よりお得になる場合もあります。

このような背景・事情から、銀行は審査が厳しく、消費者金融は審査がゆるいという現状につながっています。
実際のところ銀行で審査が通らなかった人が消費者金融では審査通過することも珍しくはありません。
(しかし、消費者金融カードローンでも、誰もがカードローンを利用できるわけではなく、最低限の返済能力は見極めます)

厳しい・ゆるいはありますが、どちらにしてもカードローンを利用するには審査があります。
審査に通過することも大切ですが、どのようにお金を使うのかをしっかり考えたうえで、銀行カードローンか消費者金融カードローンを選ぶようにしてください。

即日融資の手続き

スマホとパソコンカードローンなら申し込んでからその日の内にお金を借りることが出来るのです。

最近「即日融資可能」なカードローンは増えてきていますが、どの様な手続きであれば即日でお金を借りることが出来るのでしょうか。
ポイントは自動契約機を利用することです。
手続き方法を簡単にご説明しましょう。

即日融資カードローンの申込みは基本WEBからです。
WEB申込み画面では画面の指示にしたがって必要事項を入力していきましょう。
その際、申告情報は正直に入力してください。
この情報が審査の対象となるため虚偽がばれるとカードローンの利用が出来なくなります。
また、入力ミスでも内容を疑われる可能性があるのでご注意くださいね。

さて、次は本人確認書類の提出ですが、これも運転免許証や健康保険証などの写メを撮影してアップロードするだけです。
後は審査結果を待ちましょう。

なんら問題なければ最短30分で結果が出るところもあります。
審査さえ通過すれば後はカードを発行してもらってお金を借りるだけですが、ここでポイント!
それは自動契約機や無人契約機で専用カードを発行してもらうことです。
申込み時点でカードの受け取り方法が選択できるので、その際に自動契約機(無人契約機)の受け取りを選択しておきましょう。
審査を待つ間に、近くの契約機に移動すれば無駄な時間もありません。
WEB上で既に手続きが済んでいるので、契約機ではカードを受け取るだけ。とても簡単です。
(カードローンによっては自動契約機で本人確認書類のチェックをするところがありますので、運転免許証や健康保険証は用意しておいてください)

如何でしょうか。
自動契約機の多いカードローンならお近くにも設置されているはず。
是非この方法をご活用ください。

このページの先頭へ